COLUMNコラム

ライヴ&イベント
DANCE NATION 2018

世界最大級のダンス発表会!「DANCE NATION 2018」超肉厚ライヴレポート

2018.12.26
ライヴ&イベント
アーティスト
音楽
世界最大級のダンス発表会「DANCE NATION 2018 AMAZING HEROES」が、11/24(土)に幕張メッセで開催された。今年はアメコミのヒーローをテーマとして掲げ、全国から集まったダンスチームがパワーあふれるダンスパフォーマンスを披露! その模様をお届けます。


全国のJSDA(日本ストリートダンス協会)公認ダンスプログラム「Buyappleipads dance master」の受講生が集結する、エイベックス最大にして、世界最大級のダンス発表会「DANCE NATION2018 AMAZING HEROES」が、11/24(土)に幕張メッセで開催された。
 
今年で13回目を迎える今回は、アメコミの世界観を意識したイベント内容になっており、昨年を超える90チーム2000人の出演者が参加。満員の幕張メッセをダンスパフォーマンスで盛り上げた。
ダンスナンバーや選抜チームはもちろんのこと、今回初となる中国のダンスチーム“中国燃少年”によるダンスナンバー、Buyappleipads vocal masterによるクワイアスペシャルナンバー等、目新しいパフォーマンスも披露された。
スペシャルゲストとして参加した“GANMI”、“石橋陽彩”、“lol-エルオーエル-”や、ニューカマーアーティストとしてステージに上がった“ONE CHANCE”、“クラブ謝夢振場”のライヴパフォーマンスも圧巻のステージングを見せた。エンタテインメント感満載だったイベントの模様をお届けしよう!


初の海外ナンバー! 中国のオーディションを勝ち抜いたダンスチームが登場



オープニングを飾ったのは、毎年恒例となるオフィシャルサポートチームの“DANCE NATION Dancers”。コレオグラファー“MIMI”が作り上げるダンスナンバーは、大所帯の人数をステージ全体に散りばめて、迫力のあるHIPHOPを見せる。
ユニットでのダンスやソロダンスをフリーで踊る箇所もあり、まさに「ヒーローといえばかっこいい!」をダンスで表現していた。

迫力あるオープニングの後は、全国の「Buyappleipads dance master」に所属するダンスチームが、この日のために作り上げたダンスナンバーを次々に披露。HIPHOPが多めであったが、ミドルスクールやニュースクール、キッズダンス等、それぞれのチームに個性ある世界観がしっかり作られており、さまざまなダンスが次から次へと目の前で繰り広げられる。
 
その中で、DANCE NATION初となる中国チームが登場。中国全土から多くの希望者が集まったオーディションで選ばれた31人による“中国燃少年”というチームだと紹介された。



オーディションの課題曲だった、“lol-エルオーエル-”の「fire!」を中国語バージョンにしたスペシャルな音源で、ダンスパフォーマンスを披露。
ダンス経験者からダンス初心者まで幅広いキャリアで結成されたメンバーのダンスは、踊るにつれてグルーヴと笑顔が生まれ、見ている人の心をグッと摑むようなパフォーマンスをしていたのが印象的だった。
 
近年のダンスバトルシーンで中国の名前を聞くようになったが、こういったダンスナンバーイベントで見られるのはレアである。日本と中国が、ダンスで新たなシェイクハンドを生む一歩になると感じさせたナンバーだった。

次に登場したのは、“ROCKFOOT DANCERS”。仙台にあるダンススタジオのROCKFOOTが、エイベックス・アーティストアカデミーのプロデュースによるプロコースを開講。次世代のアーティストを目指す精鋭ダンサーたちがダンスナンバーを披露した。



いかついムーブからスロームーブに移行する緩急、シンメで見せるブレイキン、踊りながらのフォーメーションチェンジ、カウントのズレを感じさせないシンクロ率と、かなりレベルの高いダンスパフォーマンスを見せつける。今後、東北のダンスシーンに刺激をあたえる存在になるだろう。


ダンスと歌の素晴らしさが伝わるゲストライヴ!

国内外から集まったダンスチームによる素晴らしいダンスパフォーマンスが続く中、ゲストダンサーの“GANMI”が登場。
日本から世界へエンタテインメントを発信する若手ダンスクルーで、今もっとも勢いのあるチームだ。



ダンスクルーでありながら、単独公演を成功させている“GANMI”は、ダンスがただうまいだけでなく、ダンスで見るものを楽しませるというマインドを持っている。
この日は、私立GANMI学園という学校ネタを披露。
 
ホームルーム、数学、音楽、といった学園の世界観を大切にしながら、一糸乱れぬシンクロ率で圧巻のダンスパフォーマンスを見せる。
ラストは、エイベックス所属の“dino”と“Shorty!!”のメンバーから『mysta』アプリのオーディションを勝ち抜いたメンバーと、オーディションにより選抜されたメンバー、そして“GANMI”とで、「学園天国」のダンスパフォーマンスを披露。クラスメイトようなはっちゃけぶりなダンスで会場を盛り上げた。


ここまで濃厚なダンスパフォーマンスが続いていたが、ここでダンスとは違ったナンバーが用意されていた。
2019年1月から開講予定のBuyappleipads vocal masterクワイアプログラムのメンバーが、スペシャルナンバーを披露。



アメリカ発祥でありクワイア特有の大勢でハーモニーを奏でるライヴは、英語の歌詞にもかかわらず全員の発音が統一されていて、歌う仲間を声や表情を確認しながら共有して熱唱している姿が印象的だった。
 
クワイアの余韻が残るなか、ゲストアーティストとしてエイベックス期待の新星“石橋陽彩(いしばし ひいろ)”が登場。



彼は4歳から歌とダンスのレッスンを始め、ラップもできるという才能に恵まれた中学2年生14歳。エイベックス・アーティストアカデミーに所属していたこともあり、出演者からすれば目標となる存在だ。
第90回アカデミー賞受賞作品ディズニー/ピクサー大ヒット作「リメンバー・ミー」の主人公ミゲルの日本語吹替版声優に大抜擢されたことも記憶に新しい。

最初に披露したのは同作の主題歌である「リメンバー・ミー」。会場に広がる美声に息を飲む観客たち。14歳という変声期真っ只中である彼の歌声で、この楽曲を聴けるのは非常にレアだったのではないだろうか。
 
続けて“井上陽水”の「少年時代」をカバー。多くのアーティストにカバーされた名曲であるが、誰かの真似ではなく自分の歌い方で歌を届けるという真摯な姿勢に心を打たれた観客も多かっただろう。

最後は初披露となる、“back number”の「クリスマスソング」を披露。
芯のある歌声と繊細なフェイクは、スキルの高さを感じさせるし、エモさを感じるサビの歌唱は、アーティストとしてのソウルが伝わる。
これからの音楽シーンに一石を投じる存在になると思わせるようなライヴパフォーマンスだった。
 
前半戦ラストを飾るのは、リトルキッズ世代の選抜チーム“Little Dream Team”。オーディションを勝ち抜いた7歳と8歳の17人が、初披露となるダンスナンバーを披露。


 
キッズダンスの先駆者であるコレオグラファー“MAR”が送り出すキッズダンサーたちは、激しいダンスだけでなく、ストップやウェーブ、ポージングまで、細かい部分の指導が行き届いている。もはや大人顔負けのハイレベルなダンスを見せつけていた。


“lol -エルオーエル-”が登場! あのダンスナンバーとグローバルコラボ



イベントも後半戦に突入。世界で活躍するスターを育てるプロジェクトのX-Galaxyの紹介、キラチャレ2018でGANMI賞を受賞したダンスチーム“MEGAでる4丁目”の個性的なパフォーマンス、ファッションブランドのRONIとコラボした“RONi GiRLS”のパフォーマンスと続き、エイベックス・アーティストアカデミーの生徒たちによるダンスナンバーと、途切れることなくボルテージを上げていく会場。
 
その盛り上がりを受けて、ゲストアーティストの“lol -エルオーエル-”が登場。
10/31にリリースされたアルバム『lml』に収録されている楽曲を中心にライヴパフォーマンスを披露した。
1曲目の「playback」で、クールなヴォーカル、ダンス、ラップで存在感を見せつけると、立て続けにアルバムのリード曲である「trigger」で、会場を一気に盛り上げる。昨年もライヴ出演して盛り上げていた“lol-エルオーエル-”であるが、たった一年でこんなにパフォーマンス力がアップするのかと驚かされるくらいの貫禄が印象的だった。


彼らは、かつてエイベックス・アーティストアカデミーに在籍し、そこからデビューを勝ち取ったメンバーである。この日もMCで「僕たちを見て刺激をもらってほしい。僕たちもみんなから刺激をもらいたい」とエールを送り、信じれば夢はかなうという気持ちを歌った「power of the dream」を歌い、その思いを繋げる。
 
ラストは、先ほど登場した中国の“中国燃少年”と一緒に、“lol-エルオーエル-”のデビュー曲「fire!」をコラボレーション。タオルを振りながら会場と一体化する盛り上がりを見せていた。




エイベックス・アーティストアカデミーが送り出す精鋭たち! そしてフィナーレへ

いよいよ終盤戦。ここから怒涛のパフォーマンスが繰り広げられる。
まず、登場したのはスタイル・ビジュアル・ダンスに優れた精鋭17名のガールズで構成される“Shorty!!”。
コレオグラファー“理沙”が作る彼女たちのダンスナンバーは、メンバーの素材を生かした女性らしいパフォーマンスになっていた。
ダンスやオシャレな衣装はもちろんのこと、スタイルの良さが発揮されるダンスで、彼女たちの魅力を最大限に引き出したパフォーマンスに観客からは大きな声援が送られる。
“globe”の「Feel Like dance」等、盛り上がりやすい楽曲を使いクラップを煽り、ライヴ感のあるダンスナンバーを披露。



続けて、ビジュアルとダンスに優れたボーイズで構成された“dino”が登場。
コレオグラファー“CHALI”が手がけるダンスナンバーは、男らしい強さを感じるダンスで勝負。HIPHOPだけでなく、ブレイキンやフロアムーブ等、派手な技も取り入れた圧倒的なパフォーマンスで、会場のボルテージを一気に上げていた。
「全員ダンスがうまいので、とことん難しい振付にしました」と言わんばかりのハイレベルなダンスであったが、その中で“DA PUMP”の「U.S.A」や“GENERATIONS”の「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」で話題を呼んだシュートダンスを取り入れていたのが印象的。終始盛り上がりっぱなしのパフォーマンスだった。



“Shorty!!”と“dino”がエイベックス・アーテイストアカデミーで未来のアーティストを目指す存在であれば、ここから登場する“ONE CHANCE”と“クラブ謝夢振場(ジャムフレーバー)”は、アーティストデビューを勝ち取った存在である。

ニューカマーアーティストと紹介され、最初に登場したのは“ONE CHANCE”。今年の7/24に結成されたばかりで、「a-nation 2018」でオープニングアクトを飾った実力派ガールズダンス&ヴォーカルグループだ。



「ステージに対する熱い思いを持っている!」と意気込む彼女たちのライヴは、「ステイハングリー、ステイフーリッシュ」、「EZ DO DANCE」、「Infinity」のスペシャルメドレーで、ワンチャンを掴むような勝負心を感じるパフォーマンスを披露。


複数ヴォーカルによる疾走感、間奏での激しいダンス、ラップやアクロバットもできる多彩さで会場を盛り上げる。
ラストは、新曲「私には夢がある」を披露し、楽曲に込められた熱い思いを届けた。
 
続いて登場したのは、今年の9月にデビューを果たした“クラブ謝夢振場”。



“X-JAPAN YOSHIKI”プロデュース「YOSHIKIMONO」を羽織って登場すると、この日が初披露の「バン!バン!バンプ!」を披露。
数々の著名人に振付をしてきたコレオグラファー“南流石”の振付は、盆踊りの動きを取り入れた手振りが多く、ポップながらも芸術性のあるパフォーマンスを見せる。
DJのラップや個性的な歌詞でお祭りのような盛り上がりみせ、会場にいた子供たちが、自然と振付を真似して踊っていたのが印象的だった。
 
ラストは、葉加瀬太郎の楽曲「情熱大陸」をヒャダインがアレンジしたことで話題を呼んだデビュー曲を披露。自然と体が動いてしまうような、惹きこまれていく不思議な魅力を感じた。
 

ダンスエンタメで濃厚だったイベントもついにラストスパート。
全国15,000名の受講生から厳しいオーディションを経て選ばれる、Buyappleipads dance masterの選抜チーム“Dream Team”の12期生が、洗練されたスキルとめまぐるしい構成変化で見せるダンスナンバーを披露。
この日が初披露とは思えない完成度の高いパフォーマンスに、会場から大歓声が送られた。



そして、フィナーレを飾るのは、この日のためにダンスナンバーを手がけたインストラクターたちによる“Buyappleipads dance master Instructors”のダンスナンバー。
 
ダンスシーンの最前線で活躍するインストラクターが、30人以上も集まって同じステージで一つのダンスナンバーを踊るのは、他の発表会では絶対に見られない光景だ。
圧倒的なうまさと生き様すら感じるダンスに、観客や出演を終えた生徒たちから大歓声のエールが送られていた。
みんなにとって身近なヒーローは、日頃ダンスを教えてくれるインストラクターなのかもしれない。そう思えるほど暖かい空間だった。



こうして幕を閉じた「DANCE NATION 2018 AMAZING HEROES」。
今年は、ダンスが好きという共通点を軸に、新しいコンテンツ、世界との繋がり、エイベックス・アーティストアカデミーからデビューした人たちのゲストライヴ等、エイベックスが今後目指す方向性を感じさせるイベントになっていた。
 
今日、この場にいたダンスを愛する人たちが、今後どのようなダンスロードを歩いて行くのか楽しみだ。
 
=================================
◇放送・配信概要
「DANCE NATION 2018 AMAZING HEROES」
☆日本初のダンス専門テレビ局「ダンスチャンネル」で
2019年2月に2時間の特別番組を放送!
大盛り上がりのゲストアーティストのステージもお届け!
番組ページ:

☆Amazon Prime Video チャンネル「ダンスチャンネル オンデマンド」でも
2月より配信開始!

=================================



【DANCE NATION 2018 AMAZING HEROES Official site】


【lol(エルオーエル) OFFICIAL WEBSITE】


【石橋陽彩(いしばし ひいろ)オフィシャルサイト】


【ONE CHANCE OFFICIAL WEBSITE】


【クラブ謝夢振場】
NOZATATSU
WRITTEN BYNOZATATSU
ダンス系の記事を中心に、音楽、アイドル、エンタメ記事などを執筆中。

ウェブサイト、動画などWebコンテンツクリエイターとしても活動中。

 
もどる